気まぐれチョコレート日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河の影響を受けたのか? 我がPCも波瀾万丈・・・

<<   作成日時 : 2012/07/17 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 一日遅れの更新になりました。

 PCの調子がちょっと・・・

 昨日は一応、最後まで書いていたんだけど、もう終わり! というところで跳ね返された!

 ここでは詳述しませんが、大体、理由は分る。

 というわけで、あんまり書けないですが、さわりだけでも大河を・・・


 平治の乱の後始末的ストーリーですが、負けた源氏側の惨めさ悲しさがよく描かれておりました。

 まず、乱を引き起こした義朝は、義平、朝長と共に、東国目指して逃亡中。

 朝長は最早虫の息で、足手まといになりたくないから息の根を止めてくれと父に懇願、仕方なく義朝は言う通りにしてやります。

 義平は長男らしく、健気にも別れて逃亡の後に態勢を立て直して都に攻めのぼることを提案。

 結局、その通りにすることになりますが、義平はなかなか印象深い役柄だったのに、今週で退場とは・・・

 本当はその後も清盛の命を狙い、見つかった後に斬首されるんですよね・・・


 義朝はというと、尾張に入り、正清の舅である長田忠致を頼ります。

 が、既に忠致が裏切っていることを察知しているようです。

 彼の勘は的中し、忠致の手勢に襲撃されるのですが、実は入浴中での出来事だったそうで、忠致という男、武士の風上にも置けぬ男ですね。

 この大河では、源氏の棟梁の誇りを守るべく、義朝は甲冑姿で戦い、正清と刺し違えて自害。

 清盛のライバルらしい最期でした。


 その清盛率いる平氏。

 逃亡中、親兄弟とはぐれてしまった頼朝を発見し、これを捕えます。

 清盛の前に引き出される頼朝。

 まだ14歳でして、清盛の三男である宗盛と同年齢。

 けど、源氏の嫡男なので、その運命たるや風前の灯です。

 ただ、清盛の口から親兄弟の最期を聞かされて号泣するあたり、まだ少年である証でしょう。

 処分が決まるまで軟禁されますが、その間、何やら小刀で削っている様子。

 そこへやって来たのが池禅尼。

 何をしているのかと尋ねる彼女に、頼朝は親兄弟の菩提を弔うために卒塔婆を作っているのだと答えます。

 生きているうちに・・・

 そう呟く頼朝を見て哀れに思ったのか、池禅尼が清盛に対し、頼朝の助命嘆願をします。

 この折、「面影が亡くなった家盛に似ているからだ」と言ったのは有名な話ですね。

 その時、清盛は、心中どう思ったでしょう・・・?

 正直なところ、清盛は、父の正室であり、継母である池禅尼に対しては、終生微妙な思いを抱いていたでしょう。

 そして、それは池禅尼も同じであったと思われます。

 そこへ持って来て、頼朝をどうするかという時に、わざわざ彼女が産んだ最初の男子である家盛の名を出してきた池禅尼の心理状態については非常に興味深いものがありますね。

 源氏側とはいえ、頼朝も、正室が産んだ最初の男子であり、だからこそ嫡男に据えられたのです。

 本当は池禅尼だって、「世が世ならば」とう思いを捨て切れずにいたのではありますまいか?

 今は清盛が当主であり、池禅尼と頼盛はじめその子らは、与党内野党のごとき存在なのですから・・・

 平氏の世を作るために、源氏という障碍を取り除いたかに見える清盛ですが、また新たな問題が・・・


 しかも、源氏関係者の中で、まだ捕まっていない者達が。

 常盤とその息子達です。

 臨月だった彼女、乱の前後にひっそりと三人目の子を出産しておりました。

 またも男子です。

 名を、牛若。

 源平の時代の最大のスターは、実父の顔も知りません。

 この母子、何とあの鬼若が匿っております!

 牛若を抱かせてもらう鬼若。

 初対面は、五条大橋ではなかったのか?

 何だか鬼若、牛若の父のような感じに見えてしまった。

 が、常盤の方は・・・

 最早逃げ切れないと悟っているらしく、子らを助けるために、清盛の許に自首すると言い出すのです。

 鬼若は止めますが、彼女の決意は固いようです・・・


 一方、平氏。

 頼朝の助命嘆願をした池禅尼、何とハンスト中で、息子の頼盛はすっかり狼狽。

 そこへ藤原師光改め西光がやって来て、頼朝の首を是非刎ねてほしいと念を押します。

 心酔していた信西を死に追いやられたのがよほど許せない様子。

 この激情、後に清盛に向けられるのですが・・・

 そして・・・

 遂に常盤が自首をして来ました!

 これ、本当は、母が平氏に捕えられ、娘である常盤の居所を詰問されるも黙秘し続けているのを聞いた常盤が母を犠牲にするのは耐えられず・・・というのが自首の直接的な動機だったようです。

 母が捕えられたりさえしなければ、知る辺を頼って逃げおおせることは十分に可能であったと個人的には思っておりますが。

 ともあれ、この常盤と三人の息子達もまた捕われの身に・・・

 ところがです。

 彼女の場合は、その美しさが話題に上り、早速、「清盛の側室に」などという話まで出る有様。

 戦国時代のお市母娘と同様に、敗者側の女性達を待ち受ける悲しき運命・・・


 やがて、頼朝の処分が決定します。

 命だけは助けられ、伊豆へ流刑。

 清盛から、父の遺品である「髭切」の太刀を渡された際、「真の武士が、まやかしの武士に負けた」云々と中二病発言をして清盛からぶん殴られはしますが、それはともかく、このことが頼朝の人生が変わるきっかけとなり、平氏と源氏の運命まで決していくことになろうとは、清盛も、そして頼朝も、そして彼らと同時代に生きた人間の中で、誰が予測したでしょう?

 
 そして、常盤と三人の息子達。

 そこへ清盛がやって来て・・・

 実の母が自分を助けるために身を捨てて・・・といった話をするのですが・・・

 アレでしょう、やっぱり常盤が欲しいんでしょう?

 残酷な笑みを見せる清盛と、押し倒されてもにこりともせず、清盛の方を見ようともしない常盤。

 男女の仲といっても、光もあれば影もある・・・


 ここでエンディングかと思いましたが、武士として初めて公卿になった清盛の姿で終わり、来週はいよいよ滋子が・・・?
 
平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2012-05-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2011-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック Part2 (TOKYO NEWS MOOK 308号)
東京ニュース通信社
2012-06-28
ニュース企画

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック Part2 (TOKYO NEWS MOOK 308号) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号)
東京ニュース通信社
2011-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



平清盛をあやつった女たち (河出文庫)
河出書房新社
長尾 剛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平清盛をあやつった女たち (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






NHK大河ドラマ 源平キャラ ストラップ 平 清盛
ペアトレード

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ 源平キャラ ストラップ 平 清盛 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
大河の影響を受けたのか? 我がPCも波瀾万丈・・・ 気まぐれチョコレート日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる